【初心者向け】貯蓄型保険とおすすめできる人の特徴まとめ

その他の話

そろそろ貯蓄もしたいから
貯蓄型の保険に興味があるなあ

毎月貯金をするのは簡単なことではないですよね。
そこで、貯蓄型保険を検討している人もいるでしょう。

今回は保険代理店で複数社の保険を取り扱う私が
貯蓄型保険の特徴と、
貯蓄型保険がおすすめな人の特徴をまとめていきます。

貯蓄型保険の特徴

貯蓄型保険=保険会社が自分の代わりに資産運用してくれる

貯蓄型の保険といっても
終身保険、学資保険、個人年金保険など
様々な種類があります。

いずれにせよ、一定の保障を持ちつつ、
保険料の一部を保険会社が積み立てて運用することで、
保険金・解約金などとして契約者に返す
という保険です。

銀行預金よりはお得

設計次第では
受け取れる保険金などが支払った保険料の総額を上回ることも可能で、
「貯蓄型保険は増えて返ってくる上に、
万が一の場合の保障もあるから、貯金よりもお得」

と説明されたりします。

確かに銀行の預金利率はあってないようなもので、
ほとんど増えることはないので、
銀行預金やタンス預金よりは効率がいいと言えるでしょう。

投資よりは増えない

しかし、自分で資産運用をするよりは
資産の増え方は穏やか
になります。

産地直送の市場が街中のスーパーよりも安いのと一緒で、
資産運用も保険会社を挟むことで手数料が取られます。

自らつみたてNISAなどをする場合に比べると、
効率的ではありません。

掛け捨て型より保険料が高い

前述の通り、
貯蓄型保険の保険料=保障に充てる分+貯蓄に充てる保険料
なので、掛け捨て型保険よりも保険料が高くなります。

貯蓄が必要なく、保障だけしっかり欲しい場合は
掛け捨て型保険の方がコスパが良い
と言えます。

貯蓄型保険がおすすめ人の特徴

以上の特徴を踏まえて
貯蓄型保険がおすすめ人の特徴をまとめましょう。

銀行預金・タンス預金派で、増やすよりは守りたい人

今まで銀行預金やタンス預金をしてきた方は
お金を増やしたいというよりは
今ある試算を確実に守りたい、という思いがあるでしょう。

貯蓄型保険には外貨建てなどの
「受け取るタイミングによっては損をする」ものもありますが、
最低支払金額が保障されていたり、
もらえる金額が確定しているものもあります。

そういった元本割れリスクの低い商品を選べば、
保障を持ちながら資産を増やせるのでおすすめ
です。

資産運用の勉強をしたくない人

保険会社が代わりに資産運用をしてくれるので
自分でするよりも、多くの手数料を取られます。

しかし、投資でお金を増やすにはある程度知識が必要です。
勉強する気が起きない、ハードルが高い、
けれどもお金は少しでも増やしたい、という
欲張りな方にはおすすめ
です。

円高・円安ぐらいはわかる、という人は
円建てよりも外貨建ての方が戻り率が良かったりするので
参考にしてみてくださいね。

お金を受け取る手続きをスムーズにしたい人

例えば自分で株を購入した場合、
いつ売るかのタイミングに悩む可能性があります。
手続きも自分でやる必要があり、面倒に思うかもしれません。

しかし貯蓄型の保険であれば、
あらかじめ受け取る時期が決まっていて
手続き不要で口座に入金される
場合や、
保険会社の担当者に言えば署名一つで手続きが完了する場合もあります。

担当者次第では、外貨建ての保険でも
「今って円高・円安どっちだっけ?良い時期に連絡して!」と言っておけば
受取時期に悩まなくて良い場合もあるかもしれませんね。

スムーズにお金を受け取りたい、
受取で悩みたくない、という方にもおすすめ
できます。

まとめ:お金を増やすなら投資、保障を持つなら掛け捨てが効率的

いかがでしたでしょうか?
貯蓄型保険はお金を増やすにも、保障を持つにも中途半端な側面があり、
すべての人にはおすすめできませんが、
刺さる人には刺さる、という感じでしょうか。

特徴をしっかり理解して加入を検討してくださいね

コメント

タイトルとURLをコピーしました