【離婚】慰謝料請求断念→他に請求できる?【120万請求済み】

離婚の話

慰謝料って簡単にもらえなさそう、、、
お金をもらえないと離婚に踏み切れないなあ

離婚を検討している場合・離婚を切り出られた場合、
検討材料のひとつにお金があります。

慰謝料について調べてみると、
そのハードルの高さに驚きますよね。

そこで、
離婚時、慰謝料以外で相手から120万円を請求した私が
その方法をまとめていきます。

慰謝料がもらえないケース、もらえるケース


まずは慰謝料請求が難しいケースをおさらいしていきましょう。
一般的には、

・性格の不一致
・配偶者家族との不仲
・婚姻関係破綻後の浮気、不倫
・配偶者の信仰

などが挙げられます。
対して、もらえるケースだと、

・浮気、不倫
・DVやモラハラ
・悪意の遺棄(生活費を払わない、など)

などが挙げられます。

ここで強調したいのは、
「もらえるケースに該当すれば、
必ず慰謝料がもらえるわけではない」
ということです。

私自身モラハラに苦しみ、
相手からのモラハラ言動の録音音声や
心療内科の受診履歴などを弁護士さんへ提出しましたが、
請求は難しいだろうとのことでした。

理由は、
・性格の不一致の範囲内だと判断できる
・モラハラを受けた側にも多少の落ち度がある
・モラハラだけが原因となった体調不良とは言えない
など、、、。

それ言い出したら誰も請求できないんじゃ?という
厳しい回答で、心が折れそうになったのを覚えています。

(婚姻関係が破綻していないことを前提にした)
浮気・不倫のケースでも、
肉体関係があったことを示す証拠が必要ですし、
「生活費を払わない」以外の場合は、
証拠集めに労力と時間を使うことになりそう
です。

証拠を頑張って集めても、
裁判でもらえない場合もあるとなると、
その精神的な疲弊は計り知れません。

慰謝料以外にお金を請求できる方法

じゃあ相手から1円ももらえないのかというと
そうではありません。
慰謝料以外にお金を請求できる方法を見ていきましょう。

財産分与


結婚生活中に築いた財産は、離婚時に清算・分配されます。
基本的には1/2の割合で分けますが、
経済状況や健康状態によって、割合は変動します。

財産分与の対象になるもの

不動産、家具、預貯金、車、有価証券など

養育費


子どもがいる場合は、子どもの生活費・教育費などに充てる
養育費を請求することができます。
養育費の額は、基本的には父母双方の収入、
子供の数と年齢によって算出されます。

財産分与、養育費以外でお金を請求できる方法

私が120万円請求した方法は
前述の財産分与でも養育費でもなく、
婚姻費用というものです。

婚姻費用

家族の居住費や生活費(=婚姻費用)は
夫婦がその負担能力(収入の大小等)に応じて
分担する義務を負っているので、
別居中であっても、妻に比べて収入の高い夫が
生活費を払ってくれないような場合は、
婚姻費用分担請求をすることができます。
婚姻費用の額は、基本的には父母双方の収入、
子供の数と年齢によって算出されます。

つまり、あえて離婚をせず別居をすることで、
生活費としてお金を請求できる
のです。

私の場合は、算定表で試算したところ、
養育費よりも婚姻費用の額が大きかったので
すぐには離婚をしないという選択肢を取りました

月5万円で2年別居生活をしたので、総額は120万円です。

婚姻費用の請求方法については
別記事で詳しく解説しますので
参考にしてみてくださいね。

まとめ:算定表は目安、話し合い次第では多く請求できる

慰謝料以外にお金を請求できる方法を見ていきました。
裁判所は算定表などを用いて客観的に
妥当な金額を算出してくれますが、
夫婦間の話し合い次第では、
算定表の金額よりも多い金額を
相手が払ってくれる場合もあります。

このような話し合いは精神的に辛く、早く解決したい気持ちか、
妥協したくなるものですが、
あなたのためにも、あなたの家族のためにも、
しっかり向き合ってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました