【効率重視】作り置き献立のメリットの考え方6選【働くママ必見】

ひとり親になってからの話

平日の夕飯、作るのがしんどい、、、
休みの日に作り置きしたいけど、実際作り置きってどうなの?
私にもできるのかなあ。

仕事が終わってから夕食を作るのは、
体力的にも時間的にも大変ですよね。

ズボラで料理嫌い、家庭科の通知表は筆記で3に食らいついた私ですが、
現在は1週間分の献立表を作成し、(日)に作り置きをしているので、
帰宅後「何作ろう?」というストレスなく、
スムーズに準備ができています。

そこで、そんなズボラシンママの
①作り置き・献立表作成のメリット
②作り置き献立の考え方ポイント6選
を紹介したいと思います。

作り置き・献立表作成のメリット


私は全働くママに作り置きをおすすめしたい。
まずはそのメリットをまとめましょう。

平日の夕食が楽になる


温めるだけ、や、焼くだけ、で料理ができあがるので、
とっても時短になります。
何より、考える時間がないのでノンストレスです。

食事のバランスが取りやすい


事前に献立表を作るので、
気づいたら毎日肉料理だった!なんてことを防げます。
メイン、汁物、副菜、と、メニューのバランスも取りやすいですよ。

食品ロスがない


献立を考えてから買い出しに行くので、
「買いすぎて余った」ということもほとんどありません。
不要なものは買わないので、節約にもなります。

自然と「○○の口」になる(毎日おいしい)


事前に献立が決まっていると、
「今日はこの気分じゃない」ということもほぼ無いです。
前日の夜や当日の朝に献立表を見て
作り置きしていた料理を冷凍室から冷蔵室へ移動させるので、
「今日は○○の日!」と自然と気持ちが出来上がります。

作り置き献立の考え方ポイント6選

続いて、作り置き献立を作る際には意識することを紹介します。

前提条件


私のライフスタイルはこんな感じです。

(月)~(土):仕事 / (日):休み 
毎週(土)に当日~翌(金)までの1週間分の献立を作成し、
その後買い出し。(日)に作り置き。

チラシをチェックする

献立を作成してから買い物に行く流れなので、
事前に今週のお買い得品をチラシでチェックします。
私は新聞を取っていないので、ネットチラシで確認し、
お買い得品を最大限に使う献立を考えます。
節約になる上、旬のものがお買い得になりがちなので、
季節感も感じられますよ。

(土)(日)のメニューは好きなものにする

作り置き献立と言っても、
実際に作って「置く」のは翌(月)~(金)の分。
なので、(土)(日)分は作り置けるかどうかは関係なく、
食べたいものを作ります。

私の場合は、
食べたいもの=普段食べないもの(作り置きに向かないもの)
がほとんどなので、揚げ物や麺類、生野菜サラダなどを
(土)(日)の献立に入れることが多いです。

冷凍保存に向かないメニューは週の前半に入れる

例えば、じゃがいもや豆腐、こんにゃくを使ったメニューの場合、
冷凍すると食感が悪くなる
ので、冷蔵保存が基本です。
冷蔵保存の場合は1~3日以内に食べきる方が良いので、
(月)(火)、ギリギリ(水)までに食べれるように献立を組みます

2品(できれば+1品)

『一汁三菜』が理想ですが、
なんせ料理が好きじゃない!時間もない!ので、
『メインおかず+汁物orサブおかず』を基本メニューとし
余裕があれば、サブおかずを増やします。
なのでパターンとしては
①メインおかず+汁物
②メインおかず+サブおかず
③メインおかず+汁物+サブおかず
④メインおかず+サブおかず+サブおかず
の4パターンです。
『絶対3品』と決めているより気楽でいいですよ。
「2品じゃちょっとしょぼすぎるな、、、」という時は、
炊き込みご飯や混ぜご飯、チャーハンなどにすると
満足感UPでおすすめです。
トマトを切っただけでも、「スライストマト」ということで(苦笑)

『汁物』『サブおかず』は使いまわす

1週間着回しコーデならぬ、使いまわし料理。
家族が多い方は難しいかもしれませんが、
2~4人家族の方は、材料を倍にして一気に複数食分作れるか考えます。

例えば、お味噌汁を作るとして、
大きい鍋を使えば2食分作るのも難しくないですよね。
であれば、週に2回、お味噌汁を献立に組み込むことができます。
しかし、2日連続になると、「また?」感が出るので
私の場合は半分は冷凍保存し、
週の前半と後半に分けて入れることが多いです。

私は2人暮らしなので、
ほうれん草の胡麻和えなんかの『サブおかず』は、
一気に4~6食分作り、冷凍保存。
それを週2,3回献立に組み込むと、
作り置きする(日)の負担をグンっと減らすことができます。

『メイン』はちゃんと毎日違うものを用意するので、
『汁物』と『サブおかず』を使いまわしても
全然飽きは来ないですよ!

肉魚を交互、和洋中のバランスも考える

毎日の食事を美味しく食べるためにも
バリエーションは大事です。
必須ではありませんが、
献立表を作る際に、肉の日が連続したり、
和食が連続したりした場合は、
パズルのように、他の料理と入れ替えてみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
作り置きへのモチベーションが上がったところで、
具体的な献立表の作成方法については
別記事で紹介していますので、
是非そちらも参考にしてくださいね。

時短簡単、美味しい作り置きで
毎日のごはんがもっとハッピーになりますように!

コメント

タイトルとURLをコピーしました